心に響くスピーチ 笑って元気になる

英語表現「死んだ」を伝説コメディ「死んだオウム」で学ぶ

 

「死んだ」を英語でなんと言う?

「死んだ」の英語表現ですぐ思い浮かぶのは、 “died” “was/ were dead” 。口語表現では “was/ were gone” “was/ were taken” 。丁寧に言うと  “passed away” “deceased” 。日常会話では、このくらいで事足りるかもしれません。

しかし、今回はさらに一歩進んで、「死んだ」の表現を徹底的に学んでいきたいと思います。テキストは、イギリスの伝説コメディ『空飛ぶモンティパイソン』です。

伝説のスケッチ「死んだオウム」

「死んだオウム」は、モンティパイソン(イギリスのコメディーグループ)の代表的なスケッチです。スケッチという言い方は、日本では馴染みがあまりありませんが、「コント」のようなもの、とイメージすればいいと思います。

出典:Wikipedia出典:Wikipedia

スケッチの内容

ペットショップが舞台。「店で買ったノルウェイジャン・ブルーのオウムが死んでいる」と客(ジョン・クリーズ)が苦情を言いに来ますが、店員(マイケル・ペリン)は「オウムは死んでいない」と強情に主張し続ける、というものです。

このスケッチは、マイケル・ペリンの実体験に基づいて作成されました。マイケル・ペリンが故障した車を販売会社に持って行き、苦情を言っても、会社側は一切故障を認めようとしなかったそうです。『モンティパイソン大全』では、次のエピソードを紹介しています。

ペリン:前に買った車さあ。50メートル走っただけでドアが外れて落ちちゃったんだけど。

修理工:よくあるんすよね。普通っすよ。気にしない気にしない。

スクリプト(英語と日本語訳)

苦情を言いに来る客

キャスト
MR. PRALINE(客:プラリーン):John Cleese(ジョン・クリーズ)
SHOP OWNER(店主):Michael Palin(マイケル・ペリン)

Mr. Praline: 'Ello, I wish to register a complaint. 'Ello, Miss? 失礼、ちょっと苦情を言いに来たんだが…。ちょっと、お嬢さん。

Owner: What do you mean "miss"? 「お嬢さん」?

Mr. Praline: I'm sorry, I have a cold. I wish to make a complaint! ああ、失礼。風邪をひいてしまってね。私は苦情を言いに来たんだが。

コラム:「風邪をひいた」

ジョークの説明は気がひけますが、ちょっと伝わりづらいオチなので念のため。男性に対して、"Miss"と呼びかけるのは明らかに変ですよね。しかし、呼び間違えてしまっても、素直に間違いを認め謝まる代わりに、「風邪をひいた」と言い訳でよく使われるセリフでゴマかすのです。店員だけでなく、客も自分の過ちを認めない、というのが暗に示されているのでしょう。

Owner: We're closin' for lunch. すみませんが、昼休みなんですけど。

Mr. Praline: Never mind that, my lad. I wish to complain about this parrot what I purchased not half an hour ago from this very boutique. 気にしなくていいさ。先ほど、30分も経っていないと思うが、まさにこちらの店でオウムを購入したんだがね。そのことで苦情を言いたい。

Owner: Oh yes, the, uh, the Norwegian Blue...What's,uh...What's wrong with it? ああ、ノルウェイジャン・ブルーね。何か悪いことでも?

コラム:ノルウェイジャン・ブルーは実在する?

parrot-dead-404_671195c

出典:The Telegraph

注)「ノルウェイジャン・ブルー」はもともと存在しない、モンティパイソンがスキット用に創作したオウムの種類です。ところが月日が経って新たな事実が判明しました。2008年3月15日のテレグラフの記事によると、ノルウェイジャン・ブルーは「5500万年前にスカンジナビアで生息していたオウム」と化石の専門家が明らかにしました。マイケル・ペリンは「オリジナルなんて何もないことを証明したね」 “All I can say is that it just shows that nothing is original.” さすが、マイケル・ペリン。

「死んでる」「死んでない」のやり取り

Mr. Praline: I'll tell you what's wrong with it, my lad. 'E's dead, that's what's wrong with it! 教えてやろう。死んでるんだよ。

Owner: No, no, 'e's uh,...he's resting. いえいえ、寝てるんですよ。

Mr. Praline: Look, matey, I know a dead parrot when I see one, and I'm looking at one right now. いいかね。死んだオウムを見れば死んでるって分かる。今まさに見てるんだよ。

Owner: No no he's not dead, he's, he's restin'! Remarkable bird, the Norwegian Blue, idn'it, ay? Beautiful plumage! いえいえ死んでませんよ。寝ているだけです。ノルウェイジャン・ブルーは素晴らしい。この美しい羽根!

Mr. Praline: The plumage don't enter into it. It's stone dead. 羽根のことは言ってない。カッチコチに完全に死んでいる。

注)stone 〈強意語〉完全に◆複合語で用いられることが多い。【例】stone-drunk

Owner: Nononono, no, no! 'E's resting! いえいえいえ、寝ているだけです。

Mr. Praline: All right then, if he's restin', I'll wake him up! 'Ello, Mister Polly Parrot! I've got a lovely fresh cuttle fish for you if you show... そうか、寝ているだけか。それなら起こしてみようじゃないか。オハヨー、オウムのポリーちゃん。おいしいイカだよ〜 起きてごら〜ん

コラム:オウムの名前「ポリー」がOEDに収録

オクスフォード・イングリッシュ・ディクショナリー(OED: オクスフォード英辞典)に、「死んだオウム」で登場するオウムの名前「ポリー」が収録されました。例文は ‘Hello Polly, Polly..Polly Parrot, wake up. Polly… Now that’s what I call a dead parrot’.です。

The OED entry for Polly as a conventional or pet name for a parrot includes a reference to what is probably the most famous of all Monty Python sketches, in which John Cleese attempts to return a dead parrot to a pet shop. The OED quotation cites Cleese’s response to the shopkeeper’s claim that the parrot is merely resting: ‘Hello Polly, Polly..Polly Parrot, wake up. Polly… Now that’s what I call a dead parrot’.

出典:Monty Python in the Oxford English Dictionary

 

Owner: There, he moved! ほら、動いた!

Mr. Praline: No, he didn't, that was you hitting the cage! あんたが鳥かごを押したんだろ!

Owner: I never!! やってませんよ。

Mr. Praline: Yes, you did! 確かに押した

Owner: I never, never did anything... 何もやっていませんよ。

Mr. Praline: 'ELLO POLLY!!!!! Testing! Testing! Testing! Testing! This is your nine o'clock alarm call!

Mr. Praline: Now that's what I call a dead parrot. 死んだオウムとしか言いようがないだろ。

Owner: No, no.....No, 'e's stunned! い、いいえ。気絶しているだけです。

Mr. Praline: STUNNED?!? 気絶?

Owner: Yeah! You stunned him, just as he was wakin' up! Norwegian Blues stun easily, major. はい。あなたが気絶させたんです。今起こそうとしたでしょ?ノルウェイジャンブルーはよく気絶するんです。

Mr. Praline: Um...now look...now look, mate, I've definitely 'ad enough of this. That parrot is definitely deceased, and when I purchased it not 'alf an hour ago, you assured me that its total lack of movement was due to it bein' tired and shagged out following a prolonged squawk. いいかい、十分分かっただろ。このオウムは明らかに死亡してるの。30分前、これを買ったとき何て言った?動かないのは喋り疲れて疲れているから、とかぬかしてたな。

shagged out《be ~》〈俗〉疲れ果てている、くたくたに疲れている

Owner: Well, he's...he's, ah...probably pining for the fjords. フィヨルドに帰りたくてホームシックになったのかもしれません。

Mr. Praline: PININ' for the FJORDS?!?!?!? What kind of talk is that?, look, why did he fall flat on his back the moment I got 'im home? はぁ?フィヨルドだと?何言ってんだ。なら、家に帰った途端ひっくり返ったのは?

Owner: The Norwegian Blue prefers keepin' on it's back! Remarkable bird, id'nit, squire? Lovely plumage! ノルウェイジャンブルーは仰向きになって寝るのが好きなんですよ。実に見事な鳥ですよね。見てください、この素晴らしい羽根。

Mr. Praline: Look, I took the liberty of examining that parrot when I got it home, and I discovered the only reason that it had been sitting on its perch in the first place was that it had been NAILED there. オウムを調べさせてもらったがね、オウムが止まり木にじっとしてたのは、釘で打ち付けてあったからじゃないか。

take the liberty of ...ing  勝手に[勝手ながら・失礼ながら・失礼にも・失礼をも顧みず・おこがましくも・大胆にも・勇気を持って]~する
・I took the liberty of opening it. : 勝手ながらそれを開封させていただきました。

Owner: Well, o'course it was nailed there! If I hadn't nailed that bird down, it would have nuzzled up to those bars, bent 'em apart with its beak, and VOOM! Feeweeweewee! もちろんですよ。釘づけしていなきゃ、柵をこじ開けてブーンとにげちゃいますよ。

Mr. Praline: "VOOM"?!? Mate, this bird wouldn't "voom" if you put four million volts through it! 'E's bleeding demised! ブーン?いいかね、この鳥に400万ボルトの電気をかけたってブーンと逃げるわけない。完璧に死んでんだから!

bleeding すごい、途方もない、非常な、極度の、激しい、とんでもない、とてつもない、ひどい、どえらい◆強調

Owner: No no! 'E's pining! いや、ホームシックです。

Mr. Praline: 'E's not pinin'! 'E's passed on! This parrot is no more! He has ceased to be! 'E's expired and gone to meet 'is maker! 'E's a stiff! Bereft of life, 'e rests in peace! If you hadn't nailed 'im to the perch 'e'd be pushing up the daisies! 'Is metabolic processes are now 'istory! 'E's off the twig! 'E's kicked the bucket, 'e's shuffled off 'is mortal coil, run down the curtain and joined the bleedin' choir invisible!! THIS IS AN EX-PARROT!! ホームシックじゃない。(死の表現続く)これは元オウムなの!

「死ぬ」の英語表現

今まで出てきた「死んだ」の英語表現をまとめてみました。(リンク先は、「アルク英辞郎」「goo辞書」の辞典サイトです)

'E's bleeding demised! (死ぬ)

It’s passed on. (この世を去る、永眠する、死ぬ)

This parrot is no more. もういない

It has ceased to be. 生きるのをやめた 

It’s expired (息を引き取る◆dieの婉曲的表現)

and gone to meet its maker. 創造主に会いに行った

This is a late parrot. 元おうむ

It’s a stiff. 〈俗〉死体、遺体、仏)

Bereft of life, (~を奪われて、~を失って◆bereftはbereaveの過去分詞)

it rests in peace.〔魂などが〕安らかに眠る、〔霊などが〕休まる◆【略】RIP

If you hadn’t nailed it to the perch it would be pushing up the daisies.

It’s flung down the curtain

and joined the choir invisible.

This is an ex-parrot. 元オウム

最後の台詞「これは元オウムなの!」は、そのバカバカしさでとても有名になりました。

Owner: Well, I'd better replace it, then.  Sorry squire, I've had a look 'round the back of the shop, and uh, we're right out of parrots. わかりました。お取り換えいたしましょう。店の奥に行って見に行ってきます。すみません、オウムは売り切れでして。

Mr. Praline: I see. I see, I get the picture. ははーん、わかったぞ。

Owner: I got a slug. ナメクジはいかがでしょう。

Mr. Praline: Pray, does it talk? おい、ナメクジがしゃべるのか?

Owner: Nnnnot really. いいえ。

Mr. Praline: WELL IT'S HARDLY A BLOODY REPLACEMENT, IS IT?!!???!!? じゃあ代わりにならないだろ?

Owner: N-no, I guess not. そうですね。

Mr. Praline: Well. だろ。

Owner: Look, if you go to my brother's pet shop in Bolton, he'll replace the parrot for you. では、私の兄の店がボルトンにありまして、そこで取り換えさせていただきます。

Mr. Praline: Bolton, eh? Very well. ボルトン? 分かった。

場面展開

駅員:テリー・ジョーンズ

Mr. Praline: This is Bolton, is it? ここはボルトン?

Owner: No, it's Ipswitch. いいえイプスウィッチです。

Mr. Praline: That's inter-city rail for you.

Mr. Praline: I wish to complain, British-Railways Person. 苦情をいいたい。イギリス鉄道の人。

Attendant: I DON'T HAVE TO DO THIS JOB, YOU KNOW!!! こんな仕事、私はする必要ないのだ!

Mr. Praline: I beg your pardon...? はい?

Attendant: I'm a qualified brain surgeon! I only do this job because I like being my own boss! 私は脳外科医なのだ!上司がいない職がいいから、この仕事してるだけなんだから。

Mr. Praline: Excuse me, this is irrelevant, isn't it? 関係ないだろ?

Attendant: Yeah, well it's not easy to pad these python files out to 150 lines, you know.

Mr. Praline: Well, I wish to complain. I got on the Bolton train and found myself deposited here in Ipswitch. 苦情なんだが、ボルトン行きに乗ったのだが、イプスウィッチに着いた。

Attendant: No, this is Bolton. ここはボルトンですよ。

Mr. Praline:  The pet shop man's brother was lying!! あの店主、嘘言ったな。

Attendant: Can't blame British Rail for that. イギリス鉄道は関係ありませんよ。

Mr. Praline: In that case, I shall return to the pet shop! それなら店に戻ろう。

場面展開

大佐:グレアム・チャップマン

Mr. Praline: I understand this IS Bolton. ここはボルトンじゃないか。

Owner: Yes? はい?

Mr. Praline: You told me it was Ipswitch! イプスウィッチと言っただろ?

Owner: ...It was a pun. ダシャレです。

Mr. Praline: A PUN?!? は?

Owner: No, no...not a pun...What's that thing that spells the same backwards as forwards? あ、ダシャレじゃなくて、上から読んでも下から読んでも同じというやつでして。

Mr. Praline: A palindrome...? 回文?

Owner: Yeah, that's it! それです。

Mr. Praline: It's not a palindrome! The palindrome of "Bolton" would be "Notlob"!! It don't work!! どこが回文なんだ?ボルトン(BPLTON)の回文は、ノトロブ(NOTLOB)だろ!

Owner: Well, what do you want? ご用はなんでしょう?

Mr. Praline: I'm not prepared to pursue my line of inquiry any longer as I think this is getting too silly! もうこんなバカげたことにはうんざりだ!

Sergeant-Major: Quite agree, quite agree, too silly, far too silly...  Come on, you, you've got to go do another sketch now! Come on... その通り! バカバカしい!さあ次のスケッチにいくぞ!

Owner: Well! I never wanted to do this in the first place. I wanted to be... a lumberjack! 最初からやりたくなかったんだ。ぼく、木こりやりたかったよ。

サッチャー首相も最後の演説で「死んだオウム」

1990年、サッチャー英国首相として最後の演説です。政敵の自由民主党が採用した新しいシンボルマークを「死んだオウム」として描写しています。聴衆は大爆笑です。

Thatcher Now that brings me to the Liberal Party. I gather that during the last few days there have been some ill-natured jokes about their new symbol. さて、自由党の話になります。ここ数日、自由党の新しいシンボルマークについて、意地の悪い冗談があるようです。

A bird of some kind. Adopted by the Liberal Democrats at Blackpool. 自由民主党がブラックプール大会で採用した、何かの鳥のマークですね。

Politics is a serious business and one should not lower the tone unduly.  政治は真剣なビジネスです。あまり小さい声で話すべきではありませんね。

So I will say only this of the Liberal Democrat symbol and the party it symbolizes. ですから、このシンボルと、このシンボルが象徴する自由民主党についてだけ話をします。

This is an ex-parrot. It is not merely stunned, it has ceased to be, expired and gone to  meet its maker. It is a parrot no more. It has run down the curtain and joined the choir invisible. This is a late parrot. これは「元」オウムです。単に気絶しているということではありません。生きるのをやめたのです。息絶え、神のもとに帰ったのです。それはもはやオウムではありません。人生に幕を下ろし、天国の聖歌隊に入ったのです。これは「故」オウムです。

And now for something completely different. それではお話変わって…

 

「死んだオウム」のスケッチが最初に放映されたのは、1969年12月7日です。21年もたっても、こんなに認知度の高いネタ。

ちなみに、最後の " And now for something completely different."(それではお話変わって) は、モンティパイソンが次のスキットに移るときによく使用した言葉です。

「観客のほうが次の台詞を知ってた」ジョン・クリーズ思い出を語る

From: Late Night with Seth Meyers    Date: 2015/04/29

なぜオウムを選んだか?「誰だってオウム嫌いでしょ?」犬や猫はこのスケッチでは無理。とのこと。

観客のほうが自分たちより次の台詞を知っていた、というのも凄いですね。「次の台詞は?」と聞くと、600人が同時に答えたそうです。「俺たちよりスケッチ知ってて、なんで高いお金だして観に来るの?」

 

伝説の葬儀:メンバーの葬儀の追悼にも「死んだオウム」

Greham Chapman 出典:Wikipedia

最後のシーンで、大佐役を演じたグレアム・チャップマンの葬儀の際、客役のジョン・グリースが「死んだオウム」のスケッチをもじって、次のように語りました。

“Graham Chapman, co-author of the ‘Parrot Sketch,’ is no more. グレハム・チャップマン。「オウムスケッチ」の共作者はもういません。

He has ceased to be, bereft of life, he rests in peace, he has kicked the bucket, hopped the twig, bit the dust, snuffed it, breathed his last, and gone to meet the Great Head of Light Entertainment in the sky. 彼は生きるのをやめ、命を失い、安らかに眠り、くたばり、ぽっくりいき、地に倒れ、においを嗅ぎ、息を引き取り、天国のお笑いの神のもとにいってしまいました。

And I guess that we’re all thinking how sad it is that a man of such talent, such capability and kindness, of such intelligence should now be so suddenly spirited away at the age of only forty-eight, before he’d achieved many of the things of which he was capable, and before he’d had enough fun. 私たち皆が深い悲しみの中にいます。これほどの才能、可能性、やさしさ、知性を備えた人物が、わずか48歳の若さでこの世を去ったのですから。彼ができた多くのことを成し遂げることなく、彼が十分人生を楽しむこともなく。

Well, I feel that I should say, “Nonsense. Good riddance to him, the freeloading bastard! I hope he fries.” いや、こういうべきかもしれません。あの寄生虫を厄介払いできてよかった。地獄で焼かれちまえ!

And the reason I think I should say this is, he would never forgive me if I didn’t, if I threw away this opportunity to shock you all on his behalf. Anything for him but mindless good taste. I could hear him whispering in my ear last night as I was writing this: 私がこのように言うのには理由があります。もし私がこれを言わなかったら、彼に代わって皆さんにショックを与える機会を逃したとしたら、彼は絶対に私を許さないでしょう。上品でなく思慮の欠いたものですが、すべては彼のためです。昨夜彼が私の耳にささやき、その言葉を書き留めました。

“Alright, Cleese, you’re very proud of being the first person to ever say ‘shit’ on British television. If this service is really for me, just for starters, I want you to be the first person ever at a British memorial service to say ‘fuck’!” 「いいか、クリーズ。イギリスのテレビで初めて"shit"(くそ!)と言ったことをお前は誇りに思ってる。もしこの葬儀を本当に俺のためにしたいなら、ます手始めに、お前にイギリスの追悼式で初めて "Fuck"と言う男になってほしい。」

kick the bucket 〈俗〉死ぬ、くたばる◆【語源】首つり自殺をするときにバケツ(bucket)の上に乗り、首をロープにかけてからバケツを蹴っ飛ばすところから。

hop the twig 〈英話〉ぽっくりいく◆die(死ぬ)の婉曲表現

bite the dust 戦いで倒れて死ぬ、戦死する

breathe one's last 息を引き取る、死ぬ、亡くなる、世を去る◆die(死ぬ)の遠回しな表現

spirit away (人)を誘拐する[神隠しに遭わせる]、(人)をひそかに[魔法のように]連れ去る、~をこつぜんと消滅させる

good riddance 〈話〉厄介払い◆嫌な人がいなくなって(または嫌な物がなくなって)清々する(ホッとする)こと

freeloader 〈話〉寄食する人、たかり屋、居候する人

John Cleese 出典:Wikipedia

かなり勇気のいる追悼の言葉だと思うのですが、ジョン・クリーズのチャップマンに対するかけがいのない気持ちが伝わります。

まとめ

今まで、死ななかった人間はいません。平和に生活していると、「死」を普段意識することはありませんが、生と死は常に隣り合わせなんですよね。生きていると、いつか「死」を経験することになります。身近な死を経験した人たちが、「死」に関した新たな語彙を作り上げていく。だからこそ、こんなにも言葉に「死」をあらわす表現が生まれたのでしょう。

長い文章を最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました。

-心に響くスピーチ, 笑って元気になる

Copyright© The Sense of Oh! , 2019 All Rights Reserved.