世界観を変える映画

映画『マトリックス』(1999)の解説:他メディアからの影響も検証してみる

matrix

Creator: Jonny Lindner

映画『マトリックス』(The Matrix)をご存知の方は、とても多いですよね。何かと有名ですからね。

でも、実際にこの映画をご覧になったことのある方は、意外といらっしゃらないです。特に20代より若い方は本当に少ないです。直接20代の方に尋ねてみると、大体平均して40名中2〜3名程度です。公開当時、あれほど流行った割には、若者で観た方の数が少ないですよね。

マトリックス 特別版


それもそのはず。『マトリックス』が公開されたのは、1999年。この記事の執筆時は2019年ですから、もう20年前にもなります。20代の方が生まれた頃なのです。

この映画はSF作品でもあるので、特撮など古く感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、でも!『マトリックス』は何度観ても素晴らしい作品です。それに、今現代にこそ、考えなくてはならないテーマ満載!です。

今日は、まだ『マトリックス』を観たことのない方、それからずっと昔に観て懐かしく感じた方に、『マトリックス』の魅力を改めてお伝えいたします。

『マトリックス』の監督は?

出典:Wikipedia(ウォシャウスキー姉妹、2004年時)

公開時は、ウォシャウスキー兄弟との名で知られていましたが、二人とも性転換を行いましたので、現在では、ウォシャウスキー姉妹と呼ばれています。二人ともシカゴ生まれのアメリカ人の監督です。

  ラナ・ウォシャウスキー(別名:ラリー・ウォシャウスキー)

Wachowskis

出典:Wikipedia, 2012年

2012年に、ラリーからラナになりました。1965年生まれ。姉です。

リリー・ウォシャウスキー(別名:アンディ・ウォシャウスキー)

Wachowskis

出典:Wikipedia, 2012年時

2016年、アンディーからリリーになりました。1967年生まれの妹になります。

過去に面会したことのある押井守(後述する『Ghost in the shell: 攻殻機動隊』の監督)によると、妹のリリーは対人関係が苦手なようで、押井守と一切口も聞かず目も合わせなかったそうです。

ウォシャウスキー姉妹は、二人とも日本のアニメファンです。大好きなアニメ監督を眼の前にして、目も合わせられなかったというほど、リリーはシャイな方なのですね。

『マトリックス』のあらすじは?【ネタばれ注意】

ココに注意

まだ見ていらっしゃらない方、ネタばれされてしまうのが嫌な方は、どうぞこの箇所は飛ばしてください。

あらすじを読む:こんな方におすすめ

  • あらかじめストーリを知っていると、安心して映画を観れるという方
  • 以前観たけれど、改めてあらすじを確認したいという方
  • 『マトリックス』を観たけれど、イマイチ理解できなかったという方 ⇦ 結構いらっしゃいます。私もそうでした。何度も観ました。

モーフィアスとの出会い

主人公はトーマス・アンダーソン、別名ネオです。

彼は会社勤めのプログラマーですが、同時にコンピューター犯罪を起こす天才ハッカーのネオという別の顔も持っていました。

Neo

Thomas Anderson/ Neo

ある日、トーマスはコンピューター上から突然謎のメッセージを受け取ります。

起きろ、ネオ(Wake up, Neo.)

マトリックスが見ている。(The Matrix has you.)

白ウサギについて行け。 (Follow the white rabbit.)

The Matrix

メッセージ通りに「白ウサギ」について行った結果、トリニティという謎の女性と仲間のモーフィアスと出会うことになります。

モーフィアス

Trinity

トリニティ

モーフィアスがトーマスに告げたこと、それは過去20年間生きてきた世界は現実のものではないということでした。

つまり、自分が生きていると信じている世界は、人工知能(AI)によって作られた仮想現実だという事でした。

そして、青か赤の錠剤を選ぶよう、モーフィアスはトーマスに選択を促します。

:今まで過ごしてきた元の世界に戻る。


:真実の世界を見る。

日頃から日常生活に違和感を覚えていたトーマスは、真実の世界を見る赤い錠剤を選びます。

途端にトーマスの体に異変が生じます。赤い錠剤によって、本物のトーマスの体がどこにあるのかを探し出すことができたのです。

今まで、トーマスは頭の中の仮想現実内で生きていたのでした。

なぜ仮想現実の中で、人間が生きるようになったのか?

モーフィアスの説明によると、人間が仮想現実の中で生きるようになった訳は以下の通りでした。

その昔、人間は高度な人工知能(AI)を作った。

AIは自意識を獲得

AIの方が人間より優れているのに虐げられている

AIは人間を滅ぼそうとする

人間 vs AI の戦争が始まる

人間 vs AI戦争:人間のとった作戦

人間のとった作戦は、AIのエネルギー源を奪うことでした。

AIのエネルギー源とは、太陽エネルギーです。太陽の光がなければ、AIは動けなくなります。

モーフィアス
人間は空を焦がした。
It was us that scorched the sky.

モーフィアスは、上記のように「人間は空を焦がした」としか説明していないのですが、荒涼とした現実世界の風景から察するに、おそらく人間はAIから太陽エネルギーを使わせないために、核兵器などを使用し、太陽光の行き届かない空間に地球を変えてしまったのではないか、と推測できます。

人間 vs AI戦争:AIのとった作戦

太陽エネルギーが使えなくなったAIは、新たなエネルギー源を探します。

人間です。AIは、人間をエネルギー源に変えました。人間は乾電池のような存在になったのです。

AIは、人間を培養して育てます。ほとんどの人間が、卵型の容器の中で培養されています。人間は、他人の遺骸を材料にした液体の中で培養されます。つまり、人間を育てる飼料は、他の人間の遺骸から作られていることになります。

ポイント

AIは、人間を育てるために、他の人間の死体からエサを作る。

「うわっ、ひどっ」と思いますが、冷静に考えると、人間は他の動物に同じような扱いをしているんですよね・・・。

過去の例ですが、牛に牛の肉骨粉(食肉を取り除いた残りの部分を加熱処理し粉末状にしたもの)を与えたり、など。汚染肉骨粉が狂牛病の原因になったのではないか、と一部の科学者が指摘しています。

The Matrix

The Matrix

「肉体は精神なしでは生きられない」

ほとんどの人間が、卵型容器の液体の中で、裸のままチューブに繋がれて、半ば眠った状態で生きています。

でも、このままでは人間は死んでしまいます。なぜなら人間の「肉体は精神なしでは生きられない」からです。

なので、次にとったAIの作戦は次の通りです。

AIが作った仮想現実(マトリックス)の中で、人間は生活していると思い込ませることにしました。

皆、今現在が1999年と思い込んでいるけれども、現実には約200年後の2199年あたりなのです。

実際の人間は、培養液の中でチューブに繋がれ動けず眠っているような状態ですが、意識の中では、自分の肉体を動かし日常生活を送っていると思い込んでいます。まるで夢を見ている状態ですね。

人間 vs AI戦争:NEOが救世主なのか?

ほとんどの人間が容器の中で培養されている」と書きましたが、仮想現実ではなく実世界で生きている人間もわずかにいます。

彼らは実世界で最後の避難所シオンで、AIに見つからないように暮らしています。

そして、実生活で生きる人間の中に、AIから囚われた人間を解放しようと、仮想現実マトリックスに侵入する抵抗軍グループがあります。そのメンバーの一員が、モーフィアスやトリニティでした。彼らは「ネブカドネザル号」という名の工作船で活動しています。

モーフィアス

Trinity

トリニティ

モーフィアスは、ネオ(トーマス)こそ、人間を仮想現実マトリックスから救い出せる救世主だと信じ込んでいます。

『マトリックス』では、救世主を"the ONE"と呼んでいます。NEO(ネオ)とONE(救世主)はアナグラムになっています。

Neo

Neo

ココがポイント

NEO = ONE !?

ネオが救世主?

預言者オラクルの言った事

預言者オラクルは、人間をマトリックスから救い出せる救世主の存在を預言していました。そして、モーフィアスが救世主を見つけることも。

Oracle: The Matrix

預言者オラクル

モーフィアスとネオたちは、仮想現実マトリックスに侵入して、預言者オラクルに確認しに行きます。ネオ一人でオラクルと話すことになりました。

ところが、オラクルがネオに言ったことは、意外なことでした。

ネオは救世主ではないこと。近いうちに、モーフィアスか自分の命のどちらかを選ばなくてはならないことを。つまり、どちらかが死ぬ運命にあるということ。それを選ぶのはネオだと言うのです。

そして、帰り際にネオに言います。

Oracle: The Matrix
oracle
You'll remember you don't believe in any of this fate crap.
Oracle: The Matrix
oracle
You're in control of your own life, remember?

モーフィアスは、ネオが聞いたオラクルのお告げの内容を聞こうとしませんでした。

サイファーの裏切り

モーフィアスたちの仲間であるサイファーが、裏切ります。

サイファーは、現実世界に嫌気がさしていました。サイファーは、全てを忘れ、仮想現実マトリックスの中に戻り、華やかな生活を送ることを望みます。たとえその生活が、AIが作り出した偽りの幻想でも、サイファーは構わないのでした。

Cypher, The Matrix

サイファー

サイファーは呟きます。

Cypher, The Matrix
cypher
Ignorance is bliss.

そして、エージェント(AIが作り出したマトリックスを管理するプログラム)と取引をします。人間の最後の避難場シオンのアクセスコードと引き換えに。

エージェントたち

ですが、そのコードを知る者はモーフィアスだけです。サイファーはモーフィアスをエージェントに引き渡すことに合意しました。

モーフィアスを救出

ネオが救世主であることを信じて疑わないモーフィアスは、ネオを守るためにエージェントに捕まります。

エージェント・スミスの尋問:AIの鋭い指摘に反論できるか?

エージェント・スミス がモーフィアスに、最後の人間の砦シオンのアクセスコードを言わせようと尋問します。

エージェント・スミス

ここでのエージェント・スミス。鋭い指摘をします。名シーンです。

私たち人間は、この意見に反論できるでしょうか?

 

Every mammal on this planet instinctively develops a natural equilibrium with the surrounding environment but you humans do not.

You move to an area and you multiply and multiply until every natural resource is consumed.

The only way you can survive is to spread to another area.

There is another organism on this planet that follows the same pattern.

Do you know what it is? A virus. Human beings are a disease, a cancer of this planet.

You are a plague, and we are the cure.

ネオ、モーフィアス救出を決意

最後の人間の聖地シオンのアクセスコードをエージェントたちに知られてしまうということは、全ての人間がAIたちのコントロール下で生きることを意味します。

この最悪の事態を避けるために、モーフィアスの仲間たちは、仮想空間マトリックスの中にいるモーフィアスを、不本意ながら自分たちの手で死なそうとします。

そこで、ネオは預言者オラクルに告げられたことを思い出し、モーフィアスを助けにマトリックス内に入っていくことを決意します。

「自分は救世主ではない」預言を告白

ここで、ネオは仲間たちに、自分は救世主ではないとオラクルの預言を明かします。トリニティは「ありえない」と反論します。

Trinity
トリニティ
そんなことありえない。
That's not true. It can't be true.

ネオがトリニティになぜそう思うのか理由を聞こうとしても、トリニティは黙り込んだままでした。

ネオの信念「モーフィアスを連れ戻せる」

モーフィアスが自分の信念のために命を投げ出すなら、モーフィアスを救出しに行かなくてはならない、自分なら連れ戻せると信じてる、とネオは語ります。

Neo
Neo
Morpheus believed something and he was ready to give his life for what he believed. I understand that now.
Neo
Neo
But that's why I have to go.

なぜ?と問う仲間に、ネオはこう答えます。

Neo
Neo
Because I believe in something.
What?
Trinity
トリニティ
Neo
Neo
I believe I can bring him back.
モーフィアスを救出(アクションシーンの見所満載!)

トリニティも自分の信念を貫き、ネオと共にモーフィアスを助けに行きます。

以下、有名なアクションシーンが満載ですね。見事、モーフィアスを救出します。モーフィアス、嬉しそうです。「な、俺の言った通りだろ?」みたいな表情です。

モーフィアス
Do you believe it now, Trinity?
The Oracle, she told me I'm...
Neo
Neo
モーフィアス
She told you exactly what you needed to hear, that's all. Neo, sooner or later you're going to realize, just as I did, there's a difference between knowing the path and walking the path.

ネオ、エージェントとの対決

モーフィアスを無事救出できたので、モーフィアスとトリニティとネオの三人は、急いで仮想現実マトリックスから脱出し、現実世界の「ネブカドネザル号」へ戻ろうとします。

モーフィアスとトリニティは無事にネブカドネザル号に戻れたのですが、ネオだけがエージェント・スミスに阻まれ、マトリックス内に取り残されてしまいました。

で、これまた有名なシーン。ネオとエージェント・スミスの戦いです。

個人的に好きな台詞の一つは以下です。なんども一人で練習しました。「inevitability イネビタビリティー」の音がなんかいいんですよ。

Agent Smith
Do you hear that, Mr. Anderson? That is the sound of inevitability. That is the sound of your death. Goodbye, Mr. Anderson.
My name is Neo.
Neo
Neo

でも、まだここでは決着つきません。

しつこいです。おきまりのパターンですね。

ネブカドネザル号、ピンチ!

一方、現実世界でもピンチです。

ネブカドネザル号がAIに発見され、襲われています。ネオは急いでマトリックスからネブカドネザル号に戻らなくてはなりません。さもないと、ネオはマトリックスから出られなくなってしまいます。

ネオの死

急いでマトリックスの出口に向かうネオ。ところが待ち伏せていたエージェントに何発も銃を浴びせられ、ネオは息を引き取ります。

絶句するモーフィアス。トリニティは今までネオに言えなかったことを話し出します。それは、オラクルがトリニティに伝えた預言でした。それは・・・。

トリニティが愛する人こそが救世主だということ。だからネオが死ぬことはありえない。自分が愛する人はネオなのだから。

ネオの復活

その言葉を聞いたネオは息を吹き返します。そして、今までのネオとは比べ物にならないくらいの超人っぷりです。

エージェントたちをも凌駕したネオは、無事現実世界に戻り、ネブカドネザル号も危機から脱出しました。

ネオの宣戦布告

最後のシーンは、ネオがマトリックス内で電話をしています。AIに対して語っているところです。

モーフィアス
I'm going to show them a world without you, a world without rules and controls, without borders or boundaries, a world where anything is possible. 

電話を切ったネオは、空を飛んで去っていきます。

エンディングの曲、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの"Wake Up"が流れて、映画は終わります。

他からのメディアの影響を考える

Creator: Gerd Altmann

Creator: Gerd Altmann

さて、ここからは、『マトリックス』を創る上で、影響を受けた作品について、紹介していきます。

『シミュラークルとシミュレーション』からの影響

そもそも「マトリックス」って何?
「マトリックス」辞書の定義

「マトリックス」の意味を辞書で引いてみました。関連のありそうなところのみを引用します。

ラテン語語源:womb(子宮), female animal used for breeding(繁殖用の雌)

日本語訳:(ものを生み出す)母体、基盤、発生源

リーダーズ英和辞典

Matrix is the environment or context in which something such as a society develops and grows.

Collins Cobuild

the cultural, social, or political environment in which something develops

Oxford Dictionary of English

 

「マトリックスとは?」モーフィアスの説明

先ほどのあらすじのコーナーでは、マトリックスを便宜上「仮想現実」と紹介しましたが、実際はもっと複雑な概念です。

映画内で、モーフィアスは以下のように説明していました。

モーフィアス
The Matrix is everywhere. It is all round us.
モーフィアス
What is the Matrix? Control.
モーフィアス
The Matrix is a computer generated dream world built to keep us under control in order to change a human being into this (a battery).
モーフィアス
The Matrix is a system. That system is our enemy.

 

『シミュラークルとシミュレーション』でのマトリックス

マトリックスの監督ウォシャウスキー姉妹が強い影響を受けたと公言している、ジャン・ボードリヤール著『シミュラークルとシミュレーション』の中に、マトリックスに対する興味深い記述があります。

第1章 シミュラークルの先行

実在はミニアチュールの細胞やマトリックス、そしてデータの記憶や命令のモデルから造られるーそれを基にして無限にくり返し実在は複製され得るのだ。(p. 2)

このようにしてどこを見ても不思議にも、オリジナルと似通った世界に我々は生きているーそこには自ら描いたシナリオ通りに物事は複製されている。(p. 16)

脱線小話

ちなみに、第1章にあるディズニーランドの例がとても興味深いです。

「ディズニーランドは、錯綜したシミュラークルのあらゆる次元を表わす完璧なモデルだ」(p. 16)

「(ディズニーランドは)アメリカ的生活様式のダイジェストであり、アメリカ人的価値の賞賛であり、矛盾に満ちた現実を美化し、すりかえたもの」(p. 17)

「ディズニーランドとは、《実在する》国、《実在する》アメリカすべてが、ディズニーランドなんだということを隠すために、そこにあるのだ(中略)社会体こそ束縛だ、ということを隠すために監獄がある、と言うのと少々似ている」(pp.17-18)

第10章 クローン物語

クローン生物。クローン化。無限の人間さし木。バラバラになった器官の細胞ひとつひとつが別々の個人の母型(マトリックス)に再生する。(p. 125)

クローン人は出産しない。彼は自分の各々の断片にさし木するのだ。(中略)「父」も「母」も消えた、それは主体の危険な解放のためではなく、コードと呼ばれるマトリックスに有利に働くためだ。母もなければ父もない、マトリックスだけだ。そのマトリックス、遺伝子コードのマトリックスが、あらゆる危険な性欲を除外した操作方式に従って、今後無限に《子供を生む》。

 

『マトリックス』の映画の中でも、この本が登場します。大体映画の8:29秒あたり。ネオがチョイにディスクを渡しましたが、このディスクはこの本の中に隠してありました。

 

『Ghost in the Shell:攻殻機動隊』(1995)からの影響

『マトリックス』の映像は、『Ghost in the Shell:攻殻機動隊』(1995)から多大な影響を受けています。

余談

Wikipediaで『Ghost in the Shell:攻殻機動隊』を検索すると、日本語の記事より圧倒的に英語の記事の方が詳しいです。それだけ、海外のファンが多いということでしょうか。

Movie poster image

押井守, 2015

押井守, 2015

 

導入

Ghost in the shell

Ghost in the Shell

The Matrix

The Matrix

ちなみに、監督の押井守は、『マトリックス』をあまり好きではなかったらしいです。CG映像などリニューアルされた『Ghost in the Shell:攻殻機動隊2.0』(2008)では、マトリックスに影響を与えたオープニングを変更しました。

Ghost in the Shell 1 vs 2.0

Ghost in the Shell 1 vs 2.0 (左が1995年の1.0、右が2008年の2.0)

 

警官突入

Ghost in the Shell

Ghost in the Shell

The Matrix

The Matrix

 

目覚め

Ghost in the Shell

Ghost in the Shell

The Matrix

The Matrix

 

後頭部にプラグを挿す

Ghost in the Shell

Ghost in the Shell

The Matrix

The Matrix

 

全裸で水溶液に浸かる人間

Ghost in the Shell

Ghost in the Shell

The Matrix

The Matrix

 

マシーンに首を掴まれる

Ghost in the Shell

Ghost in the Shell

The Matrix

he Matrix

 

ロビーでの銃撃戦

Ghost in the Shell

Ghost in the Shell

The Matrix

The Matrix

 

ロビーでの銃撃戦での水しぶき

Ghost in the Shell

Ghost in the Shell

The Matrix

The Matrix

 

ベルの屋上で着地した際にコンクリートがめくれる

Ghost in the Shell

Ghost in the Shell

The Matrix

The Matrix

 

市場での銃撃シーン

Ghost in the Shell

Ghost in the Shell

The Matrix

The Matrix

 

市場での銃撃シーンでスイカが割れる

Ghost in the Shell

Ghost in the Shell

The Matrix

The Matrix

 

『不思議の国のアリス』(1865)からの影響

The Matrix

The Matrix

 

モーフィアス
I imagine that right now you're feeling a bit like Alice, tumbling down the rabbit hole?  

『不思議の国のアリス』(Alice's Adventures in Wonderland)は、ルイス・キャロルの作品です。1865年の作品ですが、後世に影響を与え続けている作品です。聖書やシェイクスピアに次ぐと言われるほど、多言語に翻訳され、引用や言及されているのだそうです。(モートン・N.コーエン 『ルイス・キャロル伝 (上)』 高橋康也ほか訳、河出書房新社、1999年)

『AKIRA』(1988)からの影響

Matrix, 1999

AKIRA, 1988

超能力を持つ子供、のシーンです。

脱線小話

ちなみに、1988年公開の映画『AKIRA』は、2020年の東京オリンピックを予言した、と話題になりました。

AKIRA, 1988

 

新約聖書&ギリシア神話からの影響

マトリックスの登場人物を、新約聖書の人物と重ねてみることも可能です。

『マトリックス』の登場人物 新約聖書の人物

Neo

Neo

イエス・キリスト「救世主」

モーフィアス

洗礼者ヨハネ

Trinity

Trinity

マグダラのマリア

Cypher, The Matrix

サイファー

裏切り者ユダ

 

チョイの暗示

左:Choi, 右:DuJour

上記の写真の左側の人物がチョイですが、映画の冒頭のシーンで、ネオからフロッピーを手にした時のチョイのセリフが以下の通りです。

Halleluja. You're my savior, man. My own personal Jesus Christ.

冒頭のチョイのセリフが、映画の流れを暗示しています。

登場人物の名前
『マトリックス』の固有名詞 暗示する意味

Cypher, The Matrix

サイファー

「0(ゼロ)」
「取るに足りない者」
「暗号」

モーフィアス

ギリシア神話「夢の神:モルペウス」

Trinity

Trinity

三位一体(God the Father, God the Son, God the Holy Spirit)
Zion(シオン) キリスト教の考えでは、シオンは

「天の都」
「完成された神の国」
「理想郷」

を意味する。

 

プラトンからの影響

古代ギリシアの哲学者プラトンが考えた比喩の一つに、「洞窟の比喩(Allegory of the Cave)」というものがあります。この比喩は『国家』の第7巻で書かれてあります。

地下の洞窟の中で縛られ、壁しか見ることのできない人は、実体の影だけを見て、それを実態と思い込んでいる。というものです。

たとえ、囚人の一人が外の世界に連れてこられ、「イデアの世界」を実際に目をして、現実世界のことを洞窟の人たちに説明しようとしても、洞窟の人たちは理解できないし、むしろ「イデアの世界」を語る人物を危険視するかもしれません。

私たち人間が目にしているのは、イデアの影にしか過ぎないことを、プラトンは伝えました。

洞窟の比喩

洞窟の比喩

以下は、英語での説明動画です。

The Cave: An Adaptation of Plato's Allegory in Clay

The Cave: An Adaptation of Plato's Allegory in Clay

『国家(上)』プラトン【電子書籍】

『国家(下)』プラトン【電子書籍】

荘子からの影響

『マトリックス』には、荘子の逸話「胡蝶の夢」からの影響も指摘されています。

ポイント

荘子は胡蝶になった夢をみましたが、目覚めた時、ふと疑問に思います。

荘子が蝶になった夢をみたのか
自分は本当は蝶で、荘子になっている夢をみているのか

ここから、自分と物との区別のつかない物我一体の境地
または、現実と夢が区別できないことのたとえ、としてこの逸話はあります。

「胡蝶の夢」陸治(Lu Zhi)

「胡蝶の夢」陸治(Lu Zhi)

 

 

以前のこと、わたし荘周は夢の中で胡蝶となった。喜々として胡蝶になりきっていた。

自分でも楽しくて心ゆくばかりにひらひらと舞っていた。荘周であることは全く念頭になかった。はっと目が覚めると、これはしたり、荘周ではないか。

ところで、荘周であるわたしが夢の中で胡蝶となったのか、自分は実は胡蝶であって、いま夢を見て荘周となっているのか、いずれが本当かわたしにはわからない。

荘周と胡蝶とには確かに、形の上では区別があるはずだ。しかし主体としての自分には変わりはなく、これが物の変化というものである。

『荘子』

「胡蝶の夢」池野大雅

「胡蝶の夢」池野大雅

「胡蝶の夢」柴田是真

「胡蝶の夢」柴田是真, 1888

原作Neuromancer(1984)からの影響

Neuromancer,1984

Neuromancer, 1984

『マトリックス』の原作は、Neuromancer (1984)です。

暗記したいカッコいい英語の決め台詞

「運命を信じるか?」「いや。自分で人生をコントロールできないなんて考えは嫌いだ」

モーフィアス
Do you believe in fate, Neo?
No.
Neo
Neo
モーフィアス
Why not?
Because I don't like the idea that I'm not in control of my life.
Neo
Neo
モーフィアス
 I know exactly what you mean.

 

「心が現実をつくるのだ」

Neo
Neo
I thought it wasn't real.
Your mind makes it real.
モーフィアス

 

「心なしに身体は生きられない」

Neo
Neo
If you killed in the Matrix, you die here?
Your body cannot live without the mind.
モーフィアス

 

まとめ

ご覧いただいたように『マトリックス』はただの娯楽映画ではなく、哲学的要素を大いに含んだ教養溢れる映画です。

過去に観たことがある方も、何度観ても新しい発見があると思います。

まだ観たことない方も、幸せですね。これからあの感動を味わえるなんて!

 

最後まで読んでくださり、どうもありがとうございました。

-世界観を変える映画

Copyright© The Sense of Oh! , 2019 All Rights Reserved.